年齢肌と美容成分

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

年齢肌ケアのために、スキンクリームなどを利用しましょう。そんなときにどのような成分が配合されていると良いのでしょう。さまざま効果の高い成分のご紹介です。まず保湿作用としてはヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、EGF、プロテオグリカンなどがあります。プロテオグリカンは最近注目されている成分で、少し前までは抽出方法などが難しく1g3,000万円とも言われており高嶺の花でした。

しかし最近は日本の技術によって、鮭の鼻軟骨から取ることができるようになり一般的に使えるようになったのです。ヒアルロン酸よりも保水力が高いとも言われており、コラーゲンなどの生成を促進させる働きもあるおすすめの成分と言えます。ちなみに、たんぱく質のシルクフィブロインは、ヒアルロン酸やコラーゲンの浸透をサポートしてくれる成分です。こちらの成分が配合されているスキンクリームも検討してみてください。

また美白効果のある成分としてはビタミンC、アルブチン、ハイドロキノン、プラセンタなど。ハイドロキノンは肌の消しゴムという別名を持っているほど効果は高いものですが、皮膚科などの指導の下で使用する必要があります。一般の化粧品に含まれているものは、量的に効果があまり期待できるほどではありません。

また肌の代謝、ターンオーバーを整えてキレイな肌をつくるためには、成長ホルモンが豊富なEGFやFGF、プラセンタ、スクワレンなどがおすすめです。またコラーゲンの生成力をアップさせるためには、ナールスゲンがおすすめ。ナールスゲンとはコラーゲンやエラスチンの生成を促進させる細胞のこと。不足した美肌成分を増やす働きがあります。

年齢肌ケア

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

年齢肌のケアについて考えてみましょう。年齢肌のケアは、やはり美容成分の補給となります。つまり肌細胞の中にある美容成分は、年齢とともにどんどん減ってしまうことに。そのため保水がとても重要になります。肌細胞の中にはコラーゲンが網の目のように張りめぐらされており、肌の弾力をコントロールしています。もちろんコラーゲンも年齢とともに減少するので補給は重要です。

そしてコラーゲンの網目には、さまざまな美容成分が絡まっています。例えばエラスチンやセラミド、ヒアルロン酸などがよく知られている美容成分ではないでしょうか。これらが保水などをサポートして弾力とみずみずしい肌をつくっています。これらすべて年齢とともに減ってしまうので、これらをできるだけ化粧品などのケアによって、肌の上からでも入れていくことが大切になります。

またこれらの成分を体内で生成するお手伝いをしてくれるのがビタミンCです。そのためビタミンCも肌から入れ込んだり、食べたりすることも大切と言えるでしょう。そしてもちろんエストロゲンが急激に減らないように、マカや大豆イソフラボンなどを摂取してエストロゲンを増やすことも考えてみましょう。このように体の外と中の両方からしっかりとケアすることが年齢肌ケアには大切なのです。

年齢肌を知る

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

年齢肌のケアを考えるときに、まず年齢肌についての知識が大切です。年齢肌とはどういうものなのでしょう。まず特に女性の場合、女性ホルモンの中でもエストロゲンの低下が大きく影響しています。エストロゲンは20歳をピークに、閉経に向かってどんどん減っていきます。特に30歳を過ぎると、今まで感じなかった肌トラブルをだんだん感じるようになり、40歳になるともっとはっきり感じるようになります。そして閉経を迎える約50歳~60歳の間は急激にエストロゲンが低下するため、よりはっきり年齢肌を意識するようになるでしょう。

皮膚細胞の中の弾力の土台になるコラーゲンや、そこに絡まっているセラミドなどの保水成分は体内で生成されています。しかしエストロゲンが低下すると同時に、体内生成も少なくなっていくのです。そのため肌に弾力がなくなったり、ツヤがなくなったり、たるんだりします。その上代謝が落ちてくると肌のターンオーバー、つまり肌代謝も低下するため、古くなった老廃物が黄色くなって肌がくすんだり、肌ががさがさに荒れたりすることにもつながることに。

その上、抗酸化物質も体内生成が低下してくることによって、活性酸素が溜まりやすくなります。紫外線などに当たっても活性酸素が溜まりやすくなると、すぐにシミやシワになってしまうのです。若い時なら紫外線に当たっても黒くなって数カ月でキレイになりますが、年齢肌になるとシミができシワができ、どんどん老化していくことにもなりかねません。これが年齢肌なのです。