年齢肌を知る

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

年齢肌のケアを考えるときに、まず年齢肌についての知識が大切です。年齢肌とはどういうものなのでしょう。まず特に女性の場合、女性ホルモンの中でもエストロゲンの低下が大きく影響しています。エストロゲンは20歳をピークに、閉経に向かってどんどん減っていきます。特に30歳を過ぎると、今まで感じなかった肌トラブルをだんだん感じるようになり、40歳になるともっとはっきり感じるようになります。そして閉経を迎える約50歳~60歳の間は急激にエストロゲンが低下するため、よりはっきり年齢肌を意識するようになるでしょう。

皮膚細胞の中の弾力の土台になるコラーゲンや、そこに絡まっているセラミドなどの保水成分は体内で生成されています。しかしエストロゲンが低下すると同時に、体内生成も少なくなっていくのです。そのため肌に弾力がなくなったり、ツヤがなくなったり、たるんだりします。その上代謝が落ちてくると肌のターンオーバー、つまり肌代謝も低下するため、古くなった老廃物が黄色くなって肌がくすんだり、肌ががさがさに荒れたりすることにもつながることに。

その上、抗酸化物質も体内生成が低下してくることによって、活性酸素が溜まりやすくなります。紫外線などに当たっても活性酸素が溜まりやすくなると、すぐにシミやシワになってしまうのです。若い時なら紫外線に当たっても黒くなって数カ月でキレイになりますが、年齢肌になるとシミができシワができ、どんどん老化していくことにもなりかねません。これが年齢肌なのです。