年齢肌と美容成分

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

年齢肌ケアのために、スキンクリームなどを利用しましょう。そんなときにどのような成分が配合されていると良いのでしょう。さまざま効果の高い成分のご紹介です。まず保湿作用としてはヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、EGF、プロテオグリカンなどがあります。プロテオグリカンは最近注目されている成分で、少し前までは抽出方法などが難しく1g3,000万円とも言われており高嶺の花でした。

しかし最近は日本の技術によって、鮭の鼻軟骨から取ることができるようになり一般的に使えるようになったのです。ヒアルロン酸よりも保水力が高いとも言われており、コラーゲンなどの生成を促進させる働きもあるおすすめの成分と言えます。ちなみに、たんぱく質のシルクフィブロインは、ヒアルロン酸やコラーゲンの浸透をサポートしてくれる成分です。こちらの成分が配合されているスキンクリームも検討してみてください。

また美白効果のある成分としてはビタミンC、アルブチン、ハイドロキノン、プラセンタなど。ハイドロキノンは肌の消しゴムという別名を持っているほど効果は高いものですが、皮膚科などの指導の下で使用する必要があります。一般の化粧品に含まれているものは、量的に効果があまり期待できるほどではありません。

また肌の代謝、ターンオーバーを整えてキレイな肌をつくるためには、成長ホルモンが豊富なEGFやFGF、プラセンタ、スクワレンなどがおすすめです。またコラーゲンの生成力をアップさせるためには、ナールスゲンがおすすめ。ナールスゲンとはコラーゲンやエラスチンの生成を促進させる細胞のこと。不足した美肌成分を増やす働きがあります。